「重戦車」RB関学大・望月が2TD…関西学生大会

2011/05/09

「 スポーツ報知 : 「重戦車」RB関学大・望月が2TD…関西学生大会」

5/9  :  ◆アメフット関西学生大会 関学大31―7関大(8日、長居2)関学大に強力な「重戦車ランナー」が登場した。
今季から守備のLBからRBに転向した望月麻樹(3年)は第1Q(クオーター)にゴール前1ヤードから先制TDを奪うと、
体格を生かした強引な突破で第4QにもトドメのTD。関大に31―7で完勝した。昨季の学生王者・立命大はQB谷口翔真(4年)が
先制TDを挙げるなど、京大を23―12で破った。

 関学大の重戦車が第1Qにうなりを上げた。望月は最初のプレーから2ヤード、3ヤードと関大守備陣にぶち当たって走った。
さらに、相手を引きずって前進するド迫力ランで19ヤードを稼ぐと、最後はゴール前1ヤードからダイブ。174センチ、93キロの
新米RBが先制TDをもぎ取った。

 第4Qには、ゴール前5ヤードから密集のど真ん中を突き抜けた。転向2戦目で衝撃の2TD。「今日の出来じゃ、まだまだです。
1対1で相手を抜け切れてない。OLを使っての走りとかもできてない」。11度のランでチームトップの57ヤードを獲得。期待の3年生
ランナーは、あくまで謙虚だった。

 昨季まではLB。守備時にDL後方で敵のパス、ランともに対応する役割だった。昨年12月に転向を告げられた。東京・足立学園高
3年の時、1年だけ経験したRBだった。「うちは小さい選手ばっかり。馬力のあるヤツが欲しかった」と鳥内秀晃監督(52)は明かした。
主将の松岡正樹(4年)ら、他のRB8人の平均体重は72キロ。スピードで勝負するタイプが並ぶ。強引な突破力が武器の望月は、
チームの攻撃パターンを変える存在だ。

 転向が決まった翌日から、松岡らに「ランナー勉強会」を開いてもらった。「僕は攻撃の知識がないに等しい。大学で黒板を使ったりして
教えてもらいました」。後輩RBのプレーのビデオを見て研究もした。新ポジションに挑戦してまだ5か月。それでも着実な進歩の跡を、
ライバルの関大戦で見せつけた。

 「春に経験させてもらって、その反省を秋のリーグ戦までにどれだけ修正できるかです」。関学大は07年を最後に甲子園ボウルから
遠ざかっている。名門復活の鍵は弾丸ランナーが握っている。

 ◆望月麻樹(もちづき・あさき)1991年3月20日、東京・足立区生まれ。20歳。足立学園高で競技を始め、2年まではTE、3年時は
RBで関東大会8強。関学大進学後、関西学生リーグは昨年開幕戦で初のスターター。174センチ、93キロ。

 




 」」

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ee5ed324b337eb6a3f653f2cf753c0a6.png?1495851958
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: